気がつくと真っ黒に!?デリケートゾーンの黒ずみとその原因

原因はシミの一種?デリケートゾーンの黒ずみの正体

デリケートゾーンの黒ずみは、特に珍しいものではありません。
場所が特殊というだけであって、黒ずみ自体はおなじみのものです。

デリケートゾーンの黒ずみは、メラニン色素によって出来ます。
メラニン色素は人間が元々持っている色素で、日焼けをした時に黒くなる原因でもあり、シミの原因でもある色素です。
デリケートゾーンの黒ずみは、シミとほぼ同一のものなので特に珍しいものではなく、また特殊なものでもありません。
シミと同じものと考えるのなら、シミと同じケアをすると消えるということでもあります。

デリケートゾーンの黒ずみの正体は、肌にできるシミであり、日焼けです。
ただ、少しだけ違うのは肌にとどまる時間で、普通なら時間と共にメラニン色素は外に排出されます。
しかし、デリケートゾーンの黒ずみは外に排出されにくいため、段々と黒さが蓄積し段々と黒ずんでくるのです。

また、加齢による代謝の低下もデリケートゾーンの黒ずみが出来る原因の1つになっています。

なぜそこだけ黒いのか?デリケートゾーンの黒ずみが出来る原因

デリケートゾーンの黒ずみは、主に以下の原因で出来てしまいます。

・摩擦や圧迫

デリケートゾーンに強い摩擦や圧迫が長時間加わると、肌の再生が上手く行われなくなります。
また、結構も悪くなってしまうことから代謝も落ちてしまい、その結果メラニン色素が上手く外に出されず貯まり黒ずみになります。摩擦や圧迫は主に下着によって起きるので、きつめの下着を好む人はデリケートゾーンの黒ずみが出来やすくなります。

・ホルモンバランスの異常

肌の代謝はホルモンバランスの影響も受けています。
正常なホルモンバランスが保てないと、肌は代謝が滞り、メラニン色素も溜まっていきます。
女性の場合は月経というホルモンバランスに影響する代謝があるので、特にデリケートゾーンの黒ずみが出来やすくなります。

・肌の感想によるダメージ

デリケートゾーンも肌の一部であるため、乾燥すると肌自体がダメージを受けます。
肌の代謝は過剰な乾燥が起こると上手く行われなくなるため、古い角質やメラニン色素が貯まり黒ずみになります。

デリケート損ん黒ずみの原因は、主にこの3つです。
つまり、この3つを解消しないと、デリケートゾーンの黒ずみは無くならないという事でもあります。

薬局で買えるデリケートゾーン用石鹸でお手軽対策

薬局で買える石鹸を使いデリケートゾーンの黒ずみを取る方法

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、シミや日焼けと同じメラニン色素です。
原因は日焼けやシミと同じものなので、薬局で販売されている美白化粧品を使うと、デリケートゾーンの黒ずみを落とす効果を期待できます。

通常の洗顔に使う美白石鹸でも良いのですが、最近ではデリケートゾーンの黒ずみ用石鹸も薬局で販売されています。
より効果を得たいのならデリケートゾーンの黒ずみ用石鹸を選ぶのも選択肢の1つです。
価格帯も300円程度からあるので費用面で安くあがる他、デリケートゾーンを石鹸を使い洗うだけなので、かんたんにデリケートゾーンの黒ずみ対策を行えます。
価格が高くなるとそれだけ黒ずみに効果のある成分量が増えたり素材の質が上がるのですが、薬局で販売されているものは価格の高いものが良いとは限りません。
最近は安価なデリケートゾー用の石鹸も効果の高い物があるので、自分にあったものを選択してください。

薬局で買えるデリケートゾーン用の石鹸の選び方

薬局で購入できるデリケートゾーン用の石鹸の種類はとても多く、においに特化したものから黒ずみに特化したものまで販売されています。
ポピュラーなものは竹炭や備長炭を配合したもの、米ぬかなどの自然素材を配合した石鹸ですが、プラセンタやハイドロキノン等の美容成分を取り入れて販売されている製品もあります。
薬局で購入できるものは選択肢がとても多く、最初はどれを選んで良いか迷うかもしれません。
デリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分を以下にまとめておくので、選択の参考にしてみてください。

・プラセンタ
豚などの胎盤から抽出した美白成分であり、肌を再生させる能力があります。

・ハイドロキノン
・トレチノイン
美容皮膚科などで使われる美白成分で、古い角質を剥がして新しい肌を生み出します。
黒ずみに対する対処を変化させた成分でもあり、短時間で黒ずみを消して肌を再生させる機能があります。

・ビタミンC

シミを取る代表的なもので、シミ消しクリームにはほとんど使われているものです。

・トウキ
・エイジツ

これらは漢方薬で、トウキ、エイジツ共に黒ずみに対して効果的です。は美白に強い成分なので、デリケートゾーン用の黒ずみ対策の石鹸として効果を期待できます。

薬局ならデリケートゾーンの黒ずみ用石鹸以外の選択肢もある

デリケートゾーンの黒ずみ用石鹸は、文字通り「石鹸」です。
お風呂ではボディソープが使われることの多い現在では、石鹸を好まない人も多くいます。
もし、石鹸が好きではないのなら、薬局には液体石鹸やピーリングゲルもあるので、デリケートゾーンの黒ずみ対策をに使うことも可能です。
液体石鹸もゲルも、デリケートゾーンの黒ずみ専用の製品があるので、同じ効果を得ることができます。
また、デリケートゾーン専用でなくとも、洗顔用として売られている物の中にはデリケートゾーンの黒ずみにも
効果が期待できるものがあります。
特に、くすみ肌や黒ずみへの効果を謳っているものであれば問題ないので、選択肢を広げたい時はデリケートゾーン用の石鹸だけではなく、洗顔石鹸などにも目を向けてみてください。

口コミに見るデリケートゾーンの黒ずみ解消のやり方

口コミで探せるデリケートゾーンの黒ずみ解消法

デリケートゾーンの黒ずみを美白して解消、または薄くする方法はいくつかの方法があります。
よく使われるのは美白化粧品をデリケートゾーンの黒ずみに使うと言うものや、美容皮膚科や美容クリニックで
デリケートゾーンの黒ずみを医療行為による美白できれいにするというものです。
しかし、デリケートゾーンの黒ずみを取る方法は医療によるもの以外は時間がかかったり、効果が出ない事があります。
しかし、口コミの情報を上手く取り入れる事で、効果が出るまでの時間や効果自体を高める事が可能です・

その代わり、口コミの内容を精査することが必要になるので、やり方としては少し難しい方法です。
とはいえ、口コミの活用はデリケートゾーンの黒ずみを解消する事につながる他、費用を大きく抑える事も
出来るようになるので、口コミの活用を試みる価値は十分にあります。

口コミで見られるデリケートゾーンの黒ずみを美白する方法

口コミで見られるデリケートゾーンの黒ずみを美白する方法はいくつかありますが、以下の様なものがあります。

・ムダ毛の処理
・デリケートゾーン用の石鹸を使う
・ピーリングジェルで角質を除去する
・デリケートゾーン専用クリームを塗り込む
・生のパインアップルを貼る
・ビタミン剤の服用
・漢方薬

などがありますが、中には危険な方法もあるので注意が必要です。
この中では生のパインアップルを貼るというものが危険で、パインアップルの酵素が肉を柔らかくするという理屈で
デリケートゾーンの黒ずみを解消するというものです。
理屈としては間違いではないのですが、生のパインをデリケートゾーンに貼り付けて使うのは、腫れやかゆみ等の炎症をを引き起こす原因になるので行ってはいけない行為です。
もし実行して腫れたりかゆみが起これば、肌を痛めてしまい、跡が残る可能性もある他、デリケートゾーンの黒ずみを悪化させることもあります。

口コミのデリケートゾーンの黒ずみ解消法は間違いも多い

口コミからデリケートゾーンの黒ずみ解消法を探す時は、間違った情報が多い事をあらかじめ理解しておく必要があります。
出所がわからないのが口コミと言うものなので、中には危険な情報や意味のない情報も混じっていたり、実際には使っていない人の口コミが混じる事もあります。
たくさんの情報を得られるのが口コミの良い所ですが、そのまま受け取ってしまうとデリケートゾーンの黒ずみを
解消するどころか、黒ずみが酷くなったり、別の黒ずみ解消法を試そうにも肌荒れが原因でしばらくの間なにもできなくなる事もあります。
口コミからデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法を探す時は、その口コミが本当に信用できるかを考えてみてください。
正しい情報か、それとも間違った情報かを見極める事が、口コミでデリケートゾーンの黒ずみを解消するには必要です。

デリケートゾーンの黒ずみ美白と口コミ例

口コミで見るデリケートゾーンの黒ずみ美白の成功例

リケートゾーンの黒ずみ美白に成功した口コミには、ある程度の法則があります。

・クリーム等、デリケートゾーンの黒ずみ美白を行った期間が長い

デリケートゾーンの黒ずみを美白出来た口コミは、その多くが1か月単位で美白クリームを使っています。
塗り忘れということも珍しくはないのですが、それでも一定期間津続けていた人は、黒ずみに変化が現れやすくなります。

・複数の美白クリーム、またはデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームを使っていた

黒ずみを克服した口コミには、デリケートゾーン専用のクリームを使って成功したという声も沢山あります。
これらの口コミはデリケートゾーンという場所に関わる事なのであまり表には出てきません。
しかし、見つけられると内容が濃い口コミが多いので、良い情報源にもなりえます。

・美白クリームを使うタイミング

基本的にはいつでも良いのですが、効果を実感したという口コミは美白クリームをお風呂のあとや寝る前に使う例が多くあります。
睡眠中は身体を正常に戻す為の機能が働くので、デリケートゾーンの黒ずみもある程度回復しようとします。
これを狙ってクリームを使えば、デリケートゾーンの黒ずみにクリームが働きやすくなり、より黒ずみが取れやすくなります。

・ポジティブに考える

心の問題も、デリケートゾーンの黒ずみに影響します。口コミを見るとかなり深刻に考えてしまい、コンプレックスになっている人もいます。
しかし、元々デリケートゾーンは色素が集まりやすい場所なので、黒ずみ自体は普通のことです。
いわば当たり前のことですが、コンプレックスになってしまうと心の健康が損なわれる事もあります。
あまり深く考えず、地道にやることが必要なので、結果が出にくいとしてもポジティブに考え、心にストレスを
与えない様にするのも、デリケートゾーンの黒ずみ対策になります。

口コミで効果のあるデリケートゾーンの黒ずみ美白を見つける

口コミからデリケートゾーンの黒ずみ美白の方法を探すには、まず成功した例を集めます。
後は、成功した口コミから何をして成功したのかを集めていくだけです。
成功したという口コミの多くは美容クリニックや美容皮膚科、美白クリームを使った例が多いので、その中から
自分が実行出来るものを選んでください。
目安としては、予算に応じて選ぶのが最も現実的になるので、毎月いくらの予算が出せるのかを考えた選択をすると、ケイザイテキな負担も少なくなります。

失敗した口コミをでデリケートゾーンの黒ずみ美白に活かす

口コミには失敗した例も沢山あり、デリケートゾーンの黒ずみを美白しようとして上手く行かなかった人の声を
直接読み取れます。
中には過激なものや、怒りをぶつけているものもありますが、失敗例の口コミは基本的んい効果がない、あるいは効果の
薄い方法なので、最初から避ける事で費用を抑える事が可能です。
また、美容皮膚科等でデリケートゾーンの黒ずみ美白をした人も口コミも混じっているので、技術の高い美容皮膚科を
探す情報としても役立ちます。

口コミは取り扱いが難しく、そのままを鵜呑みにすると手痛い目に遭う事も多いものです。
しかし、デリケートゾーンの黒ずみ美白の方法と、その方法に対する評価、そんな商品が良いのかを知ることができます。
美容皮膚科の評価なども書かれている事があるので、上手く利用するとデリケートゾーンの黒ずみ美白が失敗する
可能性を下げられ、ひいては余計な化粧品や薬も必要がないので、費用を抑える事もできます。

デリケートゾーンの黒ずみはなぜできる?正しく知って脱!黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみは取れます!

最初に、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方々は、その黒ずみがきれいに取れる可能性があるものだと知っておくべきです。
場所が場所だけに人に相談することが出来ず、かといって黒くなっていくデリケートゾーンを見ているのはつらいものがあります。
年齢だから、そういうものだからと諦めるのも一つの選択肢ではありますが、デリケートゾーンの黒ずみは正しい知識と対処法で
改善させることが可能です。

具体的には、デリケートゾーンの黒ずみを取る方法は2つあります。

1つは市販のクリームなどを使って黒ずみを少しづつ剥がしていく方法。
もう1つは、医療として黒ずみを医師に取ってもらう方法です。

どちらを選択するかは、予算や緊急性で決める事になりますが、市販品で行なうクリームでのケアは効果が出るまで遅く
医療機関での治療として行われるデリケートゾーンの黒ずみケアはすぐに黒ずみを取ることができます。
しかし、この両者には費用の差という大きな問題があるので、これをどう解決するかで選択肢が決まります。

効果は高いが費用も高い医療でのデリケートゾーン黒ずみ対策

デリケートゾーンの黒ずみを医療で取る方法は、レーザーを照射して黒ずみの原因であるメラニン色素を焼いてしまうというものです。
即効性があるのが特徴ですが、メラニン色素がある部分だけレーザーで焼かれていくので一事で気にやけどのようになる事もあります。
レーザー照射に使用する機材は医師免許がないと扱えない物なので、非常に強力な黒ずみの除去が可能です。
ただ、近年ではハイドロキノンやトレチノインを配合したクリームを塗って黒ずみを剥がすことが多くなり
レーザーで黒ずみを焼いてきれいにするということはあまり選択されなくなりました。

レーザー照射の場合は1回の施術で数万円が必要で、数回の施術が必要なため数十万円の費用がかかりましたが、トレチノインや
ハイドロキノンクリームは1カ月あたり5,000円程度と安価である事もあり、効果もほぼ確実であることから現在はほぼ主流になっています。

デリケートゾーンの黒ずみを市販品で取る方法

一方、市販品にもハイドロキノンやトレチノイン配合の美白クリームが販売されているので、これを使うと
デリケートゾーンの美白にも効果が期待できますが、市販品の場合は医薬品と違い、配合量が少ないので効果が出るまでに
時間が掛かってしまいます。
また、効果が確実ではないために、黒ずみが濃いなどの理由から市販の美白クリームではデリケートゾーンの黒ずみに対応できない事もあるため、確実性に欠ける方法です。
しかし、全く効果がないということもないので、価格を重視するのなら市販品での黒ずみ対策を試す価値は十分にあります。

どちらを選ぶかは予算と相談することになりますが、市販品を使うよりも医師の指導の元でハイドロキノンクリームを使ったほうが安価で住むことも多いので、特に理由がなければ医療機関のハイドロキノンクリームを選択することをおすすめします。