気がつくと真っ黒に!?デリケートゾーンの黒ずみとその原因

原因はシミの一種?デリケートゾーンの黒ずみの正体

デリケートゾーンの黒ずみは、特に珍しいものではありません。
場所が特殊というだけであって、黒ずみ自体はおなじみのものです。

デリケートゾーンの黒ずみは、メラニン色素によって出来ます。
メラニン色素は人間が元々持っている色素で、日焼けをした時に黒くなる原因でもあり、シミの原因でもある色素です。
デリケートゾーンの黒ずみは、シミとほぼ同一のものなので特に珍しいものではなく、また特殊なものでもありません。
シミと同じものと考えるのなら、シミと同じケアをすると消えるということでもあります。

デリケートゾーンの黒ずみの正体は、肌にできるシミであり、日焼けです。
ただ、少しだけ違うのは肌にとどまる時間で、普通なら時間と共にメラニン色素は外に排出されます。
しかし、デリケートゾーンの黒ずみは外に排出されにくいため、段々と黒さが蓄積し段々と黒ずんでくるのです。

また、加齢による代謝の低下もデリケートゾーンの黒ずみが出来る原因の1つになっています。

なぜそこだけ黒いのか?デリケートゾーンの黒ずみが出来る原因

デリケートゾーンの黒ずみは、主に以下の原因で出来てしまいます。

・摩擦や圧迫

デリケートゾーンに強い摩擦や圧迫が長時間加わると、肌の再生が上手く行われなくなります。
また、結構も悪くなってしまうことから代謝も落ちてしまい、その結果メラニン色素が上手く外に出されず貯まり黒ずみになります。摩擦や圧迫は主に下着によって起きるので、きつめの下着を好む人はデリケートゾーンの黒ずみが出来やすくなります。

・ホルモンバランスの異常

肌の代謝はホルモンバランスの影響も受けています。
正常なホルモンバランスが保てないと、肌は代謝が滞り、メラニン色素も溜まっていきます。
女性の場合は月経というホルモンバランスに影響する代謝があるので、特にデリケートゾーンの黒ずみが出来やすくなります。

・肌の感想によるダメージ

デリケートゾーンも肌の一部であるため、乾燥すると肌自体がダメージを受けます。
肌の代謝は過剰な乾燥が起こると上手く行われなくなるため、古い角質やメラニン色素が貯まり黒ずみになります。

デリケート損ん黒ずみの原因は、主にこの3つです。
つまり、この3つを解消しないと、デリケートゾーンの黒ずみは無くならないという事でもあります。